サッカー天皇杯準々決勝は4試合。連覇を目指した鹿島は破れる

天皇杯準々決勝は4試合、鹿島と神戸の試合は鹿島が細かいパスをつないで、安定した試合運びを行いコーナーキックから1点を取りました。しかし神戸がアディショナルタイムにポドルスキーの個人技でチャンスを作り、ショートパスから同点に追いつきました。そしてPK戦も神戸が勝利を収め、鹿島の連覇を止めました。続いて川崎と柏の試合は、川崎がフォワードの森本にボールを集めゴールに照準を絞っていきます。それでも柏のスピーディーな展開に劣勢となります。後半中村憲剛を投入してリズムを変えようとしますが、ミドルシュート1発で柏先制。川崎は最後までシュートに持ち込めずに1-0で柏が勝利。さらに磐田と横浜の試合、磐田が中村俊輔のフリーキックに活路を見出し横浜ゴールを襲います。横浜は堅守でしっかり守り切り逆にロングパスから相手の守備の乱れを誘いオウンゴールで1-0、このまま横浜が勝利しました。最後は大宮とセレッソ大阪の試合。サブメンバー同士の対決は選手層の厚いセレッソが優位に攻め続けてクロスボールを立て続けに使い2点を奪い、後半攻勢に出た大宮でしたが決定力が不足して2-0でセレッソの勝利。準決勝に進出した4チームが決まりました。

急遽休みをとった上司から来た理不尽なLINE

今日は本当は勤務時間の関係で11時30分に終わる仕事が終わったら帰らないと行けない日でした。
しかし、上司が子供の熱で自宅で仕事をする事になり、動画を送って欲しいと言う話しになったので、
動画データを準備していたら3本送るのに1本目用意出来たのが14時頃になってしまいました。
「動画送りました」と自宅作業中の上司にLINEをしたら「何でまだいるの?早く帰りなさい」と返事が。貴方が送れって言ったのでしょうがと思わず返したくなりましたが、我慢をしました。だってその人が休んだ理由が子供の熱だから仕方ないじゃないですか。母親なんだから面倒を見ないといけないのは仕方ないのです。でも、そのせいで普通に出社してくれればやらくていい仕事でやる必要が出たからやったのに「まだ居るの?」は酷いなと感じてしまいました。
きっと他にやる人がいないのを把握していなかったんでしょうと思って自分自身を宥めています。明日こそ早く帰るぞ。