本県の高校野球組み合わせが決まったことに際して

私の出身地は福島県なのだが、先日夏の甲子園出場をかけた高校野球の組み合わせ抽選会が開かれたとのこと。福島県には聖光学院という甲子園出場常連の高校があるのだが、近年はこの高校一強の時代が続いている。毎年、どの高校が聖光学院を破るのかが楽しみになりつつある。私が思う聖光学院の強さの理由は層の厚さなのではないかと思う。甲子園常連校となったことで全国から優秀な生徒が入部し、部員数は100名を超えるほどだ。しかし、他県から来た生徒が試合等で活躍し、甲子園出場を決めてきたことを知った時に正直言って微妙な心境になった。他県から来る生徒は、地元では通用しないからわざわざ聖光学院に入っているということではないだろうか。つまり県内の生徒のレベルが低いから、こっちでは通用するということなのかなと邪推してしまう。こういった高校は増えてきているのかもしれないが、県内出身の選手が活躍してくれることを期待したいと思う。