ついに覚醒した感のあるライオンズ菊池雄星投手

今シーズン同僚でエースだった岸投手が楽天に移籍したで、ライオンズ投手陣の中で名実ともにエースとなった菊池雄星投手ですが、その才能がいよいよ開花した感じです。今シーズンはこれまで7試合に登板し4勝1敗で防御率がなんと1.08という抜群の安定感を誇っています。菊池投手は花巻東高校時代から常に注目を集め、ドラフトでは6球団から指名を受けました。ライオンズ入団当初からかなりの期待をされていたのですが、なかなか思うような活躍は出来ませんでした。当時の二軍コーチとのごたごたに巻き込まれたり、左肩の炎症などで思うような投球ができていませんでした。しかも肩の状態の不安からか投球フォームを度々変えたことなどにより、自慢の速球が影をひそめ、一時期はこのまま終わってしまうのではないかとの心配もされる状態でした。しかし、2015年くらいから徐々に登板も増えていき、それに伴い成績も上がって行きました。なによりストレートのスピードが上がっているのが今年の好成績につながっていると思います。少し遠回りした感はありますが、充実期を迎えた菊池投手の今シーズンの投球に注目です。http://www.kvmc.co/